エス技研WordPress専科

WordPressの基本的な使い方から SEOの対応、プラグイン情報、カスタマイズ方法を解説します。


WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

      2014/10/04

WordPressのデータベース管理ツール WP-DBMANAGER

 

WP-DBMANAGERをデータベースのバックアップに使う

 
Webサービスを構築し、サービスの運用を始めてみたものの、毎日のデータベースのバックアップや万一の場合にデータベースの復元はどうしようか、と悩んでいる方も多いかと思います。
そんな方々に簡単データベースの定期自動バックアップの方法をお伝えいたします。
 
 
WordPressを入れて、WP-DBMANAGERというプラグインを入れて、このプラグインでデータベースのバックアップをしてもらう、という方法です。
 
 WordPressのプラグインを使う??
 
と思った方もいらっしゃるでしょうけども、このプラグインは WordPressのプラグインでありながら WordPress用に接続するデータベースのテーブルはすべて扱うことができ、しかも、時間を指定して定期的にバックアップを行ってくれる機能も実装しているのです。
 
そのため、データベースをバックアップするプログラムを作ったり、cronの設定を行ったり、といった専門的な知識を求めなくても、管理画面から簡単にデータベースのバックアップが行えるため、非常に便利です。
 
 
このプラグイン WP-DBMANAGERのインストール方法は「WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER」のページを書いていますので、まずそちらを参考にしてください。
とはいえ、WordPressのプラグインですので、WordPressを使ったことがある方は特に苦労なく対応できると思います。レンタルサーバなどですでに WordPressが入っている場合は、プラグインを入れるだけで足りますね。
一部、「.htaccess」を設定する必要はありますので、何か引っかかる場所があればそれくらいでしょうか。
 
 

WP-DBMANAGERの便利な使い方

 
ちなみに、このプラグインをインストールし、「DBオプション」のページで「Save Changes」をクリックすると、デフォルトで定期的にバックアップが始まります。
「DBオプション(DB Options)」で設定ができますが、デフォルトの設定では
 ・毎週 1週間に 1回バックアップ
 ・3日ごとにデータベースの最適化
 ・2週間ごとにデータベースの自動修復
を行うように設定されています。
バックアップ、最適化はデフォルトのままでも問題ないと思いますが、自動修復は OFFでもいいかもしれないですね。
 
また、バックアップは、頻繁にデータを更新する、もしくは、メールフォームからの情報を DBに保存している、といった場合は、1日 1回くらいの頻度に変えた方がいいでしょう。
 
 
この WP-DBMANAGERでバックアップされるファイルは、インストールするときに「.htaccess」を入れる場所である「/{ワードプレスをインストールした場所}/wp-content/backup-db/」に保存されます。
このファイルは SQL文で作られていますので、このバックアップファイルを使って phpMyAdminから復元するという手続きを取ることも可能です。(もちろん、一部の SQLだけを取り出すことも可能です。)
 
そのため、復元(リストア)する場合は、使い慣れた phpMyAdminで実行するとしても、WP-DBMANAGERは、定期的にバックアップを取ってくれる便利なツール、として使うだけでも十分に利用価値はあるでしょう。
 
 
サイトの開発を行っている企業がお客さんに納品するためのものとして利用するにはやや格好が悪いですが、コストを抑えるためのツールとして提案する場合や、そもそも、個人で使う場合、自社のサイト運営のためのツールとして使う場合としてはこれで十分なのではないかと感じます。
 
ちなみに、バックアップするファイルの世代数なども設定することができ、サーバの容量を圧迫することを気にすることもありませんので気軽に利用できるところもいいですね。
 
 

2014.07.03 追記

 
WP-DBMANAGERは、データベースの管理プラグインですが、バックアップをメインの目的に考える場合は、「BackWPup」というバックアッププラグインとしてはメジャーなプラグインがありますので、そちらも参考にしてみてください。
BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ」にどこよりも詳しく 9記事にわたって書きました。その中には簡単に設定する記事もありますので、参考にしてみてください。

 - WordPressの基本設定

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

XAMPP環境で WP-DBMANAGERでの復元でDBが壊れる

XAMPP環境で WordPressの WP-DBMANAGERを利用して DBの復元をしたら DBが壊れた。

WordPressのCrayon Syntax Highlighterの使い方

PHP、HTMLなどのソースコードを紹介する際に見やすく編集してくれる Crayon Syntax Highlighterの設定の方法、利用方法の解説です。

BackWPupでWordPress以外のファイル、データベースをバックアップ

BackWPupその10。BackWPupはWordPressのバックアップ用のプラグインですが、WordPress以外のテーブルやファイルをバックアップする方法の解説です。

WordPressの 外観のテーマのための関数の並び順

WordPressのカスタマイズの際にテーマのテンプレートを編集しますが、そのテーマファイルの並び順の解説です。

WordPressのバージョンアップをしたら「the_content」でコンテンツが表示されなくなった

「the_content」でコンテンツが表示されないのは仕様が変更されたためでプログラムの修正が必要です。

WordPressの管理画面ログインURLファイルにBasic認証を設定する方法解説

管理画面のログインURLにBasic認証を追加することでさらなる極めて高いセキュリティ向上の方法を解説します。

アクセス5倍増!FC2、seesaaからWordPressに引越結果をレポート

FC2、seesaaからWordPressに引越しでアクセス数がどう変わるかのレポート。canonical、meta refresh設定とWordPressの集客力の検証しています。

実測比較・レンタルサーバスピード選手権!WordPressが速いのは?

WordPressが一番速く動くレンタルサーバはどれだ!実際にこのエス技研ブログをコピーして8つのサーバを比較。結果はヘテムル、X10、さくらプレミアムが同レベルで優秀。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

SI CAPTCHA Anti-Spamを使って WordPressのコメントスパム対策をする

コメントスパム対策として入力させない対策の一つとしてCAPTCHAという方法がありそれを簡単に実装できるプラグインSI CAPTCHA Anti-Spamの解説です。