エス技研WordPress専科

WordPressの基本的な使い方から SEOの対応、プラグイン情報、カスタマイズ方法を解説します。


カスタムタクソノミーをCustom Post Type UIで設定し編集する方法解説

      2015/12/27

Custom Post Type UIを使ってカスタムタクソノミーを設定

 

Custom Post Type UIとは?

 
WordPressの可能性を大きく広げる機能に、カスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーの 3つの「カスタム○○機能」がありますが、このうちの「カスタム投稿」「カスタムタクソノミー」を設定することができるプラグインが「Custom Post Type UI」です。
 
カスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーのそもそもの解説は「WordPressのカスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーとは?」で行っていますので参考にしてください。
 
カスタムフィールドについては、Advanced Custom Fields(ACF)、Custom Field Templateのプラグインを紹介する記事を下記に書いていますので参考にしてください。
 「カスタムフィールド決定版!Advanced Custom Fields全項目完全解説・管理画面編
 「Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編
 「Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた
 「超簡単!Custom Field Templateでカスタムフィールドをフル活用
 
Custom Post Type UIは、カスタム投稿とカスタムタクソノミーの設定を行うことができるプラグインですが、記事が長くなりすぎましたので、カスタムタクソノミーのみこちらで解説をしています。
カスタムポストの解説記事、および、Custom Post Type UIの基本的な使い方は「カスタム投稿をCustom Post Type UIで設定し編集する方法解説」を参照してください。
 
 

Custom Post Type UIのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストール方法は、「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので、そちらを参考にしてください。
 
 

Custom Post Type UIの使い方

 
Custom Post Type UIをインストールすると、「CPT UI」というメニューが追加されます。これが「Custom Post Type UI」のメニューになります。
 
「Add/Edit Post Type」が、カスタム投稿を管理するメニューで、
「Add/Edit Taxonomies」が、カスタムタクソノミーを管理するメニューです。
 
WordPressの基本機能でいうなら、「Post Type」が「投稿」を、「Taxonomies」が「カテゴリー(タグ)」を管理する機能という感じですね。
 
 

Add/Edit Taxonomiesからカスタム投稿の管理

 
「CPT UI」-「Add/Edit Taxonomies」をクリックすると、カスタムタクソノミーを登録する画面に遷移します。
カスタムタクソノミーの登録がない場合は、「Add New Taxonomy」だけですが、1つ以上のカスタム投稿を登録すると、その編集が行える「Edit Taxonomy」のタブが追加されます。
 
必須項目は画面左上の「Taxonomy Slug」と「利用する投稿タイプ」です。
「よく分からない場合は「Taxonomy Slug」「Plural Label」「利用する投稿タイプ」のみ設定し、その他の項目はデフォルト値を設定します。」と書いてあるように、分からない項目はデフォルトのままでも動きます。一度設定したのち動作を確認しながら設定を試してみるといいでしょう。
 
カスタムタクソノミーを削除すると、そのカスタムタクソノミーの追加、更新を始め、そのタクソノミーを利用していた投稿での利用もできなくなります。
ですが、データは削除されたわけではありませんので、同じ「Taxonomy Slug」を設定することで復活します。
また、「Taxonomy Slug」は変更という概念を持ちません。
「Edit Taxonomies」の画面で「Taxonomy Slug」を変更しても、変更前の「Taxonomy Slug」はそのまま維持され、新しい「Taxonomy Slug」が追加されます。
そのため、「Taxonomy Slug」を登録する際には十分検討のうえ設定してください。
 
この仕組みを利用すれば、他のタクソノミーと同じ設定で新しいタクソノミーを作りたい場合には、「Edit Taxonomies」画面で「Taxonomy Slug」と「Plural Label」を変更して保存すれば簡単に複製ができます。
 
 

左側・基本設定項目

 
20151118_web_01
 
左側の項目は、カスタム投稿タイプを設定する上で必要項目になりますので、「説明」以外は登録しましょう。
 
Taxonomy Slug
The taxonomy name. Used to retrieve custom taxonomy content. Should be short and unique.
カスタムタクソノミー名です。カスタムタクソノミーのコンテンツを取得するために使用します。短く、固有でなければいけません。
実際にカスタムタクソノミーの URLとしても出てくるもので、かつ、途中で変更しない方がいいとのことですので、慎重に設定しましょう。
最大文字数は 32文字で、使用できる文字は、小文字のアルファベット、数字、アンダースコア(_)です。
 
Plural Label
Taxonomy label. Used in the admin menu for displaying custom taxonomy.
タクソノミーの複数形ラベルです。タクソノミーの種類を表示するための管理メニューで使用されます。
タクソノミーとして表示されるテキストで、基本的にこちらの複数形のラベルが表示されますので、分かりやすいものを設定しましょう。日本語で問題ありません。
 
単数形のラベル
Taxonomy Singular label. Used in WordPress when a singular label is needed.
タクソノミーの単数形のラベルです。WordPress内で単数形のラベルが必要になった時に使われます。
説明の通り単数形のラベルです。日本語の場合は前項と同じで問題ありません。
 
利用する投稿タイプ
設定するカスタムタクソノミーを使用する投稿タイプを指定します。
「投稿」「固定ページ」「メディア」はデフォルトの項目で、「店舗」は「カスタム投稿をCustom Post Type UIで設定し編集する方法解説」で追加したカスタム投稿タイプです。
 
 

右側・Labels

 
20151118_web_02
 
Labels項目は、各場所に表示されるテキストを設定する項目です。
下記の説明を見てもらえばわかると思いますが、設定を変更する必要に迫られた時だけ変更すればいいでしょう。
 
また、英語のヘルプはすべての項目同一で、下記の内容になっています。
Custom taxonomy label. Used in the admin menu for displaying taxonomies.
カスタムタクソノミーのラベルです。タクソノミーを表示するメニューに使用します。
 
20151118_web_03
 
20151118_web_04
 
設定することができる項目は、以下の通りです。
 
Menu Name
すべての項目
項目を編集
項目を表示
Update Item Name
新規項目追加
新規項目名
親項目
親項目コロン
項目検索
よく利用されている項目
項目が複数ある場合はコンマで区切ってください。
項目の追加もしくは削除
最もよく使われているものから選択
Not found
 
 

右側・Settings

 
Settingsの項目は、カスタム投稿タイプの仕様を決める項目になります。
そもそもカスタム投稿タイプがどのような特徴を持っているのか、という理解がある方が設定の意味が分かると思いますので、「WordPressのカスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーとは?」も参考にしてみてください。
 
20151118_web_05
 
階層
Whether the taxonomy can have parent-child relationships.
タクソノミーが親子関係を持てるかどうかを指定します。
親子関係を持つものが「カテゴリ」で、親子関係を持たないものが「タグ」ということになります。
タクソノミーがカテゴリの様に親子関係を持つように設定したい場合は「true」を指定します。
 
UI を表示
Whether to generate a default UI for managing this custom taxonomy.
カスタムタクソノミーを管理画面のメニューに生成するかどうかを指定します。
デフォルトの「true」の状態で管理画面に表示されます。
 
クエリーバージョン
Sets the query_var key for this taxonomy.
タクソノミーの query_varキーを設定します。
カスタムタクソノミーの一覧ページの URLは、下記の様になります。(カスタムタクソノミーの slugが「s_genre」で、その中の項目が「italian」で、パーマリンク設定は「デフォルト」の場合。)
「true」の場合
  http://example.com/?s_genre=italian
「false」の場合
  http://example.com/?taxonomy=s_genre&term=italian
 
パーマリンク設定が「カスタム」の場合は影響がありません。
 
Custom Query Var String
Sets a custom query_var slug for this taxonomy.
タクソノミーのカスタム query_var slugを設定します。
カスタムタクソノミーの slugを書き換えたいときにここに値を編集します。ただし、前項の「クエリーバージョン」が有効の時のみ反映されます。
 
リライト
Whether or not WordPress should use rewrites for this taxonomy.
WordPressがタクソノミーをリライトすることができるかどうかを指定します。
カスタムタクソノミーの一覧ページの URLは、下記の様になります。(カスタムタクソノミーの slugが「s_genre」で、その中のターム(項目)が「italian」で、パーマリンク設定は「デフォルト」以外(「カスタム構造」など)の場合。)
 
リライト「false」の場合
  http://example.com/?s_genre=italian
リライト「true」の場合
  http://example.com/s_genre/italian/
 
パーマリンク設定が「デフォルト」の場合は、「true」「false」にかかわらず、前者の URLになります。
 
カスタムリライトスラッグ
Custom taxonomy rewrite slug.
カスタムタクソノミーの slugを書き換えます。
カスタムタクソノミーの slugを書き換えたいときにここに値を編集します。ただし、前項の「リライト」が有効の時のみ反映されます。
 
Rewrite With Front
Should the permastruct be prepended with the front base.
パーマリンク構造は、フロントベースで先頭に追加されます。
 
パーマリンクの設定画面で下記の様に設定している場合、
20151118_web_06
下記のような URLになります。
  http://example.com/blog/s_genre/italian/
「/blog」の部分を削除したい場合は「false」を指定します。
 
Rewrite Hierarchical
Should the permastruct allow hierarchical urls.
パーマリンク構造を階層化を許可するか、否かを指定します。
「階層」の項目を「true」にすると、タクソノミーを階層化することができますが、それに従い、タクソノミーの一覧ページの URLも階層化するか否かを設定することができます。
例えば、「イタリアン(italian)」-「パスタ(pasta)」という階層化されたタクソノミーがあったとします。
「true」の場合の URLは下記の様になります。
  http://example.com/s_genre/italian/pasta/
「false」の場合の URLは下記の様になります。
  http://example.com/s_genre/pasta/
 
Show Admin Column
Whether to allow automatic creation of taxonomy columns on associated post-types.
関連の投稿タイプの一覧に、タクソノミーの列を自動的に作成するかどうかを指定します。
20151118_web_07
 
 
この設定の中には、「クリエーバージョン」「リライト」などパーマリンク設定を変更する箇所もありますが、パーマリンク設定についての設定を変更した場合は、「設定」-「パーマリンク設定」の画面からパーマリンクの設定を空更新(特に設定を変更せずに「更新を保存」をクリックすること)を実施する必要があります。
これを行わないと、リダイレクトの処理が上手くいかず、一覧ページが正しく表示されない場合もあります。
 
 

作成したカスタムタクソノミーをウィジェットに編集する方法

 
Custom Post Type UIを使って作成したカスタムタクソノミーですが、それを公開側のページに編集する方法が分からなければ役に立ちません。
 
「Settings」の説明の中で URLの表記がどうなるかについて解説をしましたが、ウィジェットに一覧を編集する方法については下記に記事を書いていますので、こちらを参考にしてみてください。
  カスタムタクソノミーのターム一覧をウィジェットにショートコードで編集

 - WordPressのプラグイン

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressのメールがスパム判定!?WP Mail SMTP、WP SMTP、Easy WP SMTPで対応

WordPressから送信したメールがスパム判定される!そんな悩みを解決するプラグインを紹介。3種類にプラグインを比較しオススメを紹介。なぜスパム判定されるかの解説も。

EWWW Image Optimizerで画像の圧縮でWordPressを高速化

ページ表示の高速化に使うEWWW Image Optimizerの紹介です。英語で書かれているために取っつきにくいですが設定は3カ所。画像の圧縮もワンクリック。超簡単!

Rich ReviewsでWordPressに口コミサイトを簡単に構築する方法

口コミサイトに必要なレビュー投稿機能を提供するプラグインです。独自のフォームをショートコードで編集する自由度が高い設計で、平均点の表示も用意されています。

Comment Rating FieldでWordPressのコメントに口コミサイト機能を追加

口コミサイトを構築するためのプラグイン。評価点を投票する仕組みをコメント投稿機能に追加する方法で実現。口コミサイトを構築するには十分な機能を提供。

WordPressで WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」と表示されてページが表示されなくなった

WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」のエラーでページが表示されない。その解決法の解説です。

SEO効果絶大!PVもアップするWordPressの高速化プラグインUnveil Lazy Load

WordPressの表示を高速化するUnveil Lazy Loadの紹介。利用するJSを見直し高速化を徹底的に追求したプラグイン。入れるだけで高速化するので使わない手はない!

カテゴリ・タクソノミーのタームの順番を自由に並び替えるプラグイン・Category Order and Taxonomy Terms Order

標準機能では行えないカテゴリやタクソノミーの並び替えを行うプラグインCategory Order and Taxonomy Terms Orderの紹介です。

WP Multibyte PatchでWordPressの管理画面のイタリック体を解消

管理画面の一部の文字がイタリック(斜体)になっているのはプラグイン「WP Multibyte Patch」が有効になっていないためです。日本語を使うには必ず有効化しましょう。

Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・繰り返しフィールドの使い方解説

Advanced Custom Fieldsのアドオン・繰り返しフィールドについて解説。繰り返しフィールドは投稿者が入力フィールドを追加しながら情報を入力できるフィールドを提供。

Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・ギャラリーの使い方解説

Advanced Custom Fieldsのアドオン・ギャラリーの解説記事。複数の画像を入力できる優れもので、画像のサイズ、容量などでの制限ができ、より厳密な管理が可能。