エス技研WordPress専科

WordPressの基本的な使い方から SEOの対応、プラグイン情報、カスタマイズ方法を解説します。


Comment Rating FieldでWordPressのコメントに口コミサイト機能を追加

      2015/12/27

Comment Rating Fieldで口コミサイトを簡単構築

 

Comment Rating Fieldとは?

 
Comment Rating Fieldは口コミサイトを作る上で必須機能である、評価点を投稿する仕組みを提供するプラグインです。
 
このプラグインの特徴は、タイトルにもある通り、コメント機能(Comment)に評価点を投稿する項目(Rating Field)を追加する方式で評価点の投稿を可能とする仕組みを提供しているところです。
 
そのため、通常のコメントに関する機能をそのまま利用します。
例えば、投稿されたレビューの「承認/否認」もコメントの機能を使って行います。
また、投稿ごとのレビューフォームの「表示/非表示」も投稿の「ディスカッション」の中にあるコメントの表示/非表示を使って管理を行います。
そのため、WordPressのコメント機能を使っている方にとっては分かりやすいプラグインになっています。
 
また、管理画面から「承認・否認」の処理が行えますので、いたずら防止の対応も行えます。
また、コメントスパム対策のプラグインなどと共存もできますので、コメントスパムにも強さを持ちます。
 
コメントスパムに対応する方法については「WordPressのコメントスパム対策 3つのプラグイン」に記事を書いていますので参考にしてみてください。
より具体的には「Captchaを使って WordPressのコメントスパム対策をする」のプラグインがおススメです。
 
また、コメントの投稿数が一覧に表示されるテーマを使っている場合は、その機能も有効に働き、レビューの投稿に伴って一覧ページに件数が表示されますので、処理を追加しなくてもにぎわいをアピールできます。
 
また、簡易的ながら投稿された評価点を集計し、平均点を出す機能は実装されています。
ただ、評価点のランキングを表示する機能や、ウィジェットに一覧を表示する機能などは用意されていません。
 
 
口コミサイト構築に必要な評価投稿プラグインについては「評価点投票プラグイン10個を比較!WordPressで口コミサイトを構築」にまとめ記事を書いていますので、こちらも参考にしてみてください。
評価投稿プラグインはいろいろな仕組みのプラグインが出ていますので、いくつか試してみるのもいいでしょう。
 
 

Comment Rating Fieldのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストール方法は、「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので、そちらを参考にしてください。
 
 

Comment Rating Fieldの設定方法

 
左メニューにある「Comment Rating Field Plugin」をクリックすると「Comment Rating Field」の設定画面に遷移します。
投稿そのものの機能は、コメント機能を利用しますので、設定する項目はシンプルです。
 
20150115_wp_01
 
ここではどのページに採点する項目を追加するかを設定します。
 
この「Comment Rating Field」は、プラグインを有効化しただけでは公開側には反映されず、「この管理画面でチェックを入れた項目に表示されるようになる」という方式ですので、採点項目が必要な項目にチェックを入れていきましょう。
 
チェックを入れると下記のような形で「☆」の入力項目が追加されます。
 
20150115_wp_02
 
 

Enable on Pages

「Enable on Pages」にチェックを入れると「固定ページ」に採点項目を追加します。
 

Enable on Posts

「Enable on Posts」にチェックを入れると「投稿ページ」に採点項目を追加します。
 

Enable on Categories

「Enable on Categories」の欄に編集されているカテゴリにチェックを入れると選択されたカテゴリーに属する「投稿ページ」に採点項目を追加します。
 

Display Average

「Display Average」にチェックを入れると、平均値を計算して平均評価を表示します。
 

Average Rating Text

下記の通り、平均点を表示する箇所の説明テキストです。
 
20150115_wp_03
 

Rating Field Label

下記の通り、採点項目を入力する場所に、項目のラベルとして表示するテキストを編集します。
 
20150115_wp_04
 
 

Comment Rating Fieldの管理機能

 
Comment Rating Fieldは、コメント機能を利用していますので、管理機能もコメントの管理機能を利用します。
 
ただし、評価点の投稿は編集できません。
 
 
また、管理画面の左メニューの「設定」-「ディスカッション」の設定で、「コメント表示条件」の項目で「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」のチェックを入れている場合は、1回承認されたユーザのコメントは 2回目以降は承認なしに公開されてしまいます。
このComment Rating Fieldを使う際には、この設定が問題ないか改めて確認をしておく方がいいでしょう。
ディスカッションの設定については「WordPressの一般設定 投稿設定 表示設定 ディスカッション メディア」に記事を書いていますので参照してください。
 
 

Comment Rating Fieldの問題点

 
Comment Rating Fieldは、非常に分かりやすく使い勝手がいいプラグインです。
ですが、下記の点は気になる点です。
 
※コメント投稿を複数回投稿することに対する制限がない
 
※コメントの管理は管理画面で行えるが、評価点の項目は編集できない
 
上記の項目は、いずれもコメント機能を利用しているが故の問題ですが、コメント機能を利用していますので、何度でも投稿することが可能です。
あとは、それを管理画面でチェックして承認、否認と分けていくしかありません。
 
また、この Comment Rating Fieldはコメントの管理機能の機能追加までは実装されていないようで、コメントと一緒に投稿された評価点を編集することができません。
 
 

Comment Rating Fieldで投稿後の評価点を修正する方法

 
上記で説明した通り、Comment Rating Fieldにはコメントの管理側への追加機能がないため、追加した評価点の項目の編集が行えません。
 
評価点を変更したいという要望がどれだけあるのだろうか?ということで、なくても大丈夫なような気がしますが、いざという場合の対処療法がないかを検討してみました。
 
対処療法としては 2つあります。
 
・データベースを直接更新
・コメントを再投稿
 
一つ目の「データベースを直接更新」は、評価点としてデータベースに登録されている情報を直接更新するという方法です。
保存されているテーブルは「wp_commentmeta」です。
 
この説明だけで対処ができる方はこの方法が楽でしょう。
評価点を変更するという機会はめったにないのであればこれで十分ではないでしょうか。
 
 
もう一つの方法は、「コメントを再投稿」です。
公開側からコメントを再投稿すればOK。単純な話です。
 
コメントの管理画面ではコメントの投稿日時も編集できますので、再投稿しても問題はなくなります。
 
 

Comment Rating Fieldで平均点が表示されない

 
「Display Average」で平均点を表示する設定にしたにもかかわらず、平均点が表示されない、もしくは、表示していた平均点が表示されなくなった、という不具合が起こる場合がありました。
 
不具合が起こらない環境もありましたので、原因までは調査しきれていませんが、
  採点のコメントを投稿した後に
  記事の投稿を更新した場合に
  平均点が表示されなくなる
という不具合であるような心証です。
 
その場合は、コメントを一度「承認しない」にした上で改めて「承認」とすることで平均点が表示されるようになりました。
 
もしかしたら、これは正しい処理で、記事が更新された前に投稿されていた採点コメントは反映しない処理になっているのかもしれません。
 
平均点が表示されない場合は、一度「承認しない」にした上で改めて「承認」することで対応ができそうですので、試してみてください。
 
 

Comment Rating Fieldの無償版とプロ版(有償版)の違い

 
20150115_wp_05
 
ここで説明した機能は無償版での機能です。
非常にシンプルながら最低限の機能を有していますので、これだけでも十分な場合もありますが、プロ版(有償版)も用意されているようですので、その説明をしておきます。
 
・任意のカスタムポストごとに採点項目を表示することができるようにする機能をサポートしています。
・ウィジェットとしてサイドバーに評価点が高い記事をランキング表示する機能を提供します。
・コンテンツの任意の場所に平均評価を編集するためのショートコードを用意しています。
・平均評価の位置や評価の内訳など拡張した表示オプションを提供します。
・メールでのサポートを提供します。
・プラグインを利用するための詳細ドキュメントを提供します。
・ワンクリックで更新情報を受け取れる機能を提供します。
・プロ版(有償版)にアップデートしても現在の設定は引き継ぎます。
 
 

 - WordPressのプラグイン

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

SEO効果絶大!PVもアップするWordPressの高速化プラグインUnveil Lazy Load

WordPressの表示を高速化するUnveil Lazy Loadの紹介。利用するJSを見直し高速化を徹底的に追求したプラグイン。入れるだけで高速化するので使わない手はない!

WordPressで WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」と表示されてページが表示されなくなった

WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」のエラーでページが表示されない。その解決法の解説です。

DuplicatorでWordPressを簡単引越し!インストーラー付のバックアップにも

WordPressの引越しや開発環境から本番環境への移行など他の環境に移す作業を簡単にしてくれるプラグインの紹介。インストーラー付のバックアップツールとしても使る。

Autoptimizeで簡単設定!HTML、JS、cssを圧縮しWordPress高速化!

Autoptimizeを使って簡単にHTML、JavaScript、CSSを圧縮しサイトの表示を高速化しよう!基本設定、拡張設定とあり柔軟な設定で多彩な環境に対応出来ます。

SEO効果絶大!PVもアップするWordPressの高速化プラグイン元祖Lazy Load

Lazy Loadは、画像を最初にまとめて読み込むことで発生するスピードの遅延を防ぎ、必要な画像から順番に読み込むことでページの表示スピードを向上させるプラグインです。

WP Multibyte PatchでWordPressの管理画面のイタリック体を解消

管理画面の一部の文字がイタリック(斜体)になっているのはプラグイン「WP Multibyte Patch」が有効になっていないためです。日本語を使うには必ず有効化しましょう。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

Author hReviewでWordPressに構造化されたレビューサイトを構築

レビューサイトを構築するためのプラグイン。レビューの入力とレビュー対象のアイテムの情報を構造化データにするHTMLを編集する機能を提供します。

WordPressのおすすめの確認画面付きお問い合わせフォームプラグイン・MW WP Form

MW WP Formは確認画面が付いているオススメのフォームプラグインです。企業サイトを CMSとして構築する際にも利用できる実力派です。

Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・繰り返しフィールドの使い方解説

Advanced Custom Fieldsのアドオン・繰り返しフィールドについて解説。繰り返しフィールドは投稿者が入力フィールドを追加しながら情報を入力できるフィールドを提供。