エス技研WordPress専科

WordPressの基本的な使い方から SEOの対応、プラグイン情報、カスタマイズ方法を解説します。


プラグインが原因で起動しないWordPressを復旧させる方法解説

      2014/08/03

Smart Update Pingerをインストールしたら WordPressが動かなくなった

 

Smart Update Pingerとは?

 
Smart Update Pingerについては「Smart Update PingerでWordPressのPing・更新情報サービスを拡張する」に詳しく記事を書いています。
また、WordPressの Ping機能・情報更新サービスについては「WordPressのPing・更新情報サービス設定方法とPingサーバ」に記事を書いていますので、それぞれご覧ください。
 
 

今回の不具合に至った経緯

 
とあるサイトでサーバを移転するということで WordPressの引っ越しをすることになりました。
移転作業として、ファイルをコピーして、データベースをコピーして、各種設定の変更をして画面を表示したらそれぞれ下記の様になりました。
 
20140529_wp_01
 
 
単純にサーバを移転しただけだったのですが、上記のような画面になりました。
 
公開側の画面は、下の方にスクロールすると普通に画面は表示されていましたが、管理側の方は、ログイン画面は表示されましたが、ログインすると上記の画面の下にはエラーメッセージが表示され、それ以降の画面の表示はされていませんでした。
 
 
20140529_wp_02
 
エラーのメッセージが表示されている画面の HTMLソースを表示させたものが上記の画像ですが、「Plugin Name: Smart Update Pinger」とありましたので、プラグインの「Smart Update Pinger」が影響しているのだろうと考えるに至りました。
 
 
そして、次に「Smart Update Pinger」がどんなプラグインなのかを調べるために、ローカル環境である XAMPP環境にインストールをしてみましたが、下記のような画面になり、うまく動作させることができませんでした。(表示のされ方は違いますが、表示されている内容は上記のものと同じ内容ですね。)
 
20140528_wp_01
 
インストールした環境としては、↓こんな感じです。
   ■ OS:Windows7
   ■ XAMPP:3.1.0
   ■ PHP:5.4.7
   ■ MySQL:5.5.27
 
ただ「Smart Update Pinger」が不具合の原因になっていることだけははっきりしました。
 
 

プラグインによって起こった不具合の対応方法

 
上記のローカル環境である XAMPPにインストールした際は、エラーが出るとはいえ、その下には管理画面が表示されており、管理機能も動作しましたので、「Smart Update Pinger」プラグインの「停止」をクリックすることで問題を解除することができました。
 
 
ですが、ログアウトしてしまったり、最初の環境の様にそもそもログインできない状況がある場合はどうするのか?
 
 対応方法:プラグインをフォルダごと削除する
 
 
WordPressの管理画面にアクセスできなくなってしまっていますので、FTPなどのサーバに直接アクセスする方法でしか対処することができません。
 
FTPなどサーバに直接アクセスできない環境での構築の方はあきらめるしかないかもしれません。
FTPなどのツールを使ったことがない方はこれを機に勉強するか、使える方が近くにいないか探す必要があるでしょう。
 
 
で、下記のフォルダが「Smart Update Pinger」のフォルダになります。
 
 {WordPressが設置されているフォルダ}/wp-content/plugins/smartupdate_ppinger
 
「WinSCP」であればフォルダの移動もできますので、削除しなくても「plugins」の外に移動させてしまえば解消されます。
 
FFFTPは子供の階層への移動はできるようですが、親の階層への移動の方法が分かりませんでした...
同じように、移動させることができないツールの場合は、ローカルにバックアップを取って、その上で「smartupdate_ppinger」フォルダを削除するといいでしょう。
 
「plugins」フォルダから「smartupdate_ppinger」フォルダがなくなることで、たとえ「有効化」されているプラグインであっても停止させることができます。
 
管理画面にログインしている場合は、リロードさせると下記のような画面が出てきて正常に戻ります。
 
20140529_wp_03
 
 
「Smart Update Pinger」が動かない環境の方は「Smart Update Pinger」を使うことをあきらめる方がいいでしょう。
というか、そもそも「Smart Update Pinger」は問題点が多いため使うのを止めるべきです。
詳しくは「Smart Update PingerでWordPressのPing・更新情報サービスを拡張する」に書いていますので参照してください。
 
 

教訓:WordPressのプラグインが原因で動かなくなった場合の対処方法

 
今回の一連のトラブルで教訓として得たものは、プラグインをインストールして WordPressが動かなくなった場合は、そのプラグインを「plugins」フォルダから排除してしまえばいい!ということですね。
 
どのプラグインが原因なのかが分からない場合は、問題となっていそうなプラグインを一つずつ外していきながら、動くかどうかを確認してみる。
もしくは、すべてのプラグインを外してみて、一つ一つ戻しながら確認する。
といったことをやってみるといいでしょう。
 
 
プラグインをインストールしたり、他のサーバから WordPressの環境をお引越しさせようとしたりする際に、WordPressにエラーメッセージが表示されたり、ログイン画面からログインができなくなってしまったりする原因は無数にありますが、今回の様にプラグインを外してみるだけで動く場合もあるようですので、一度試してみるのもいいでしょう。
 
ただ、プラグインを外した場合、もともと設定していた設定情報がどうなるのかまでは確認していませんので、バックアップを取って、自己判断でご対応ください!

 - WordPressの基本設定

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの Google XML Sitemapsで WebMaster Tools用の sitemap.xmlを生成

WordPressの Google XML Sitemapsで WebMaster Tools用の sitemap.xmlを生成する方法を説明しています。

WordPress投稿テキストを検索・置換するSearch Regexの使い方解説

WordPressの投稿テキストを検索、置換するプラグイン Search Regexの使い方の詳細解説です。

FC2からWordPressに引越でcanonicalとmeta refreshで転送設定

FC2からWordPressに引越する際の転送設定はcanonicalとmeta refreshの設定でユーザへもGoogle検索エンジンにも引越し情報を伝えられます。

BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ

BackWPupその1。BackWPupとWordPressのバックアップについての解説。

WordPressの高速化でSEO対策!広告費も削減!高速化の施策のまとめ

WordPressを高速化するためのまとめ記事。これまで多様な高速化の対応を行ってきましたが、それを具体的に何をすればいいかが一目でわかるようまとめ記事にしました。

WordPress 任意のファイルを読み込むショートコードの処理

投稿ページにショートコードを利用して任意のファイルを読み込む処理の解説です。

Better Delete Revisionを使って WordPressのリビジョンを削除する方法

自動的に溜まるリビジョンは Better Delete Revisionを使うことで簡単に削除することが出来ます。表示の重さを軽減したり、バックアップファイルのスリム化に貢献します。

WordPressのメディアの設定解説・uploadsフォルダの変更方法

メディアの設定に関する解説。管理画面から変更できなくなったuploadsフォルダの変更方法についても解説。

AddQuicktagを使って WordPressの投稿を楽にする

投稿時にタグの入力を楽にしてくれるプラグイン「AddQuicktag」の使い方の説明です。クリック一つでタグを編集できます。

WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

WP-DBMANAGERを使って WordPress以外の PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップする方法を解説。